EA実践検証

EA実践検証

MT4のバックテスト方法

MT4をインストールしたら、EAを稼働する前にバックテストを行いましょう。

バックテストを行うことにより、EAの特徴などを把握することができますので、ポートフォリオの形成にも役立ちます。

MT4でのバックテストは、最初は難しいかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

まずはひとつずつ壁を乗り越え、自分のものにしていきましょう。

ちなみに、当ブログ「EAで戦う男の実践検証記」管理人のメシウマは、TitanFXのデモ口座をバックテスト用として、ヒストリカルデータはデューカスコピーのものを使用しています。

なお、ここではギガガルーラEURUSDのバックテストを例としていますが、バックテストしたいEAに応じて進めてください。

では、MT4のバックテスト方法を説明していきたいと思いますm(__)m

ストラテジーテスターを開く

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

.hstの削除

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

注意!

ここではサーバー名「TitanFX-Demo01」のフォルダに入っている.hstファイルを削除しましたが、バックテストに使用するサーバーによってフォルダ名は違います。

また、サーバーフォルダと同様、defaultフォルダとdownloadsフォルダの中に入っている.hstファイルも必ず削除してください。

最大バー数の設定

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

ヒストリカルデータを取得

次に、ヒストリカルデータを取得しましょう。

FXDDやアルパリなどもヒストリカルデータを提供していますが、当ブログ「EAで戦う男の実践検証記」管理人のメシウマはデューカスコピーのヒストリカルデータを使用しています。

デューカスコピーでヒストリカルデータを取得

デューカスコピーでヒストリカルデータを取得

デューカスコピー・ジャパンは、お客様が弊社にて取引可能な通貨ペアのヒストリカルデータ(過去データ)を無料で提供しております。以下のウィジェットから、弊社のデモ口座のログイン情報を使い、ダウンロードしていただけます。

注意!

デューカスコピーのヒストリカルデータを取得するには、デューカスコピーでデモ口座を開設する必要があります。

ヒストリカルデータをMT4にインポート

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

注意!

ここまで完了したら、MT4を再起動してください。

オフラインチャートを生成

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

MT4のバックテスト方法

注意!

MT4に「period_converter+ALL」が入っていなければ、下記ページでダウンロードしてください。

period_converter+ALL

period_converter+ALL

period_converter+ALLのダウンロードはこちらから

period_converter+ALLをダウンロードしたら、MT4のデータフォルダを開き、「MQL4」フォルダ⇒「Scripts」フォルダの中にインストールしましょう。
インストールしたら、MT4を再起動してください。

MT4のバックテスト方法

注意!

ここまで完了したら、MT4を再起動してください。

バックテストを実行

MT4のバックテスト方法

①エキスパートアドバイザー

エキスパートアドバイザーとインディケーターから選びますが、EAをバックテストする場合はエキスパートアドバイザーを選択します。

②通貨ペア

バックテストする通貨ペアを選んでください。ギガガルーラEURUSDはユーロドル対応のEAなので、EURUSDを選択します。

③モデル

「全ティック」を選択します。EAによっては「始値のみ」でしかバックテストできないものもありますので、ご注意ください。

④期間を指定

バックテストする期間を指定する場合、ボックスにチェックを入れ、期間を指定してください。

⑤ビジュアルモード

ビジュアルモードにチェックを入れると、チャート上でバックテストの進行を見ることができます。ただし、時間がかかってしまいますので、通常はチェックを外してバックテストしたほうが良いかもしれません。

⑥期間

EAの時間足を選択してください。ギガガルーラEURUSDは15分足で機能するEAですので、ここではM15を選びます。

⑦スプレッド

バックテストする際のスプレッドを選択します。

⑧最適化

より正確にバックテストするため、チェックを外すことをおすすめします。

⑨エキスパート設定

ここでEAの詳細を設定してください。ロット数や週末クローズ機能など、EAに搭載されている機能を設定できます。

ここまで完了したら、スタートボタンを押してバックテストを始めましょう。

バックテストファイルを保存

バックテストが完了したら、バックテストのファイル(.htm)を保存しておきましょう。

バックテストファイルはレポートタブを開き、右クリックで保存してください。

注意!

バックテストファイル(.htm)は、QuantAnalyzerやReport Managerを使用する時に必要です。

ファイルを保存せずにMT4を閉じると再度バックテストを行わなければなりませんので、バックテスト完了後に必ず保存しましょう。

以上でMT4でのバックテストは完了です。

お疲れ様でしたm(__)m

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

EA戦績

More

キャッシュバック実績

More

バックテスト&リアルフォワード検証

運用中EAのバックテストとリアルフォワードは一致しているのか?

随時更新中

運用中EA

メシウマが運用しているEA一覧をチェック

トレードでキャッシュバック

取引ごとのキャッシュバックでスプレッド実質縮小

MT4提供ブローカー

MT4を提供している国内・海外ブローカーを比較しよう