EA実践検証

EA実践検証

【EA_final_max_Revolution評価】過去10年のバックテストで無敗の究極スキャルピングEA

EA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)

EA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)は、ポンドドルの15分足で稼働するスキャルピングタイプのEAです。

最大ストップロスを500に設定し、20pipsを細かく稼ぐことで利益を積み上げていくEAであり、フォワードを見るとドローダウンに見舞われ、大きな損失を出したこともあるようが、その分を勝率でカバーし、取り戻しています。

また、ストップロスを90に設定できる安定型モードに切り替えることもできますので、好みに応じでモードを使い分けても良いでしょう。

ちなみに、EA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)のハンパーページには、以下のような記載があります。

最後になりますが、【EA_final_max】の無敗仕様EAは、この「Revolution版」で完結となります。今回の購入タイミングを逃がしますと、次回以降の販売予定はありませんので、あしからずご了承ください。

つまり、一定の個数が売れると販売停止になる可能性がありますので、ポートフォリオに組み込みたいなら早めに購入したほうが良いかもしれません。

少しお高めですが^^;

0プロフィット
(%)
0勝率
0ドローダウン率

注意

上記はゴゴジャンのEA販売ページにアップされているバックテストの結果を表示しています。
期間は2005.01.11 03:30 – 2016.07.15 23:44です。

EA_final_max_Revolution 概要

通貨ペアGBP/USD
取引スタイルスキャルピング
最大ポジション数3その他: 10以内で任意に設定可能
運用タイプ複数枚運用
最大ロット数1その他: 任意に設定可能
使用時間足M15
最大ストップロス500その他: SL=100では、PF2.0程度となります
テイクプロフィット20その他: ロジック2では10となります。トレーリング機能搭載しました
両建てなし
その他ファイルの使用あり
特記事項DLLファイルを使用いたします。 トレーリングONでは、TP200なども可能です(PF2.0程度)

では、EA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)の特徴をさっそく見ていきましょう。

バックテスト10年とフォワード1年で無敗

EA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)は、開発者さんの過去10年にわたるバックテスト、そして1年にわたるフォワードで無敗を誇っています。

ストップロスが広いことも要因のひとつでしょうが、収益もしっかり出していますので、資金管理さえしっかりやれば有用なEAと言えるかもしれません。

好みに応じて設定変更できる

EA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)には、さまざまな機能が搭載されています。

ストップロスの値を変更したり、モードを変更したりすることでトレード内容が変わってきますので、より自分好みのEAに変身させることができるかもしれません。

また、トレーリング機能も搭載されており、利益の最大化も図れます。

ターボモードを搭載

EA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)には、ノーマルモードとターボモードが搭載されています。

EA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)の取引回数はそれほど多くないのですが、ターボモードをオンにすればより積極的にポジションを持つようになりますので、スリリングな取引を楽しめるようになるでしょう。

ちなみに、フルターボモードでEA_final_max_Revolution(EAファイナルマックスレボリューション)を稼働させた場合、ロジック1のTPは20、SLは500、ロジック2のTPは10、SLは500となります。

その他にもたくさんの特徴がありますので、販売ページで今すぐチェックしてください(^o^)

EA_final_max_Revolutionのバックテスト

注意

  1. デューカスコピーのヒストリカルデータを使用。
  2. MT4はTitanFXのデモ口座を使用。
  3. バックテスト期間は2007年1月1日~2017年12月31日の10年間。
  4. スプレッドは2、5、10、30でそれぞれバックテスト。
  5. 初期金額は1万ドル、ロットは0.1。
  6. その他パラメーターはデフォルト値。
  7. バックテストに膨大な時間がかかるため、モデルは始値のみを採用。
バックテスト結果【MT4】
EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果
EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果
EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果
EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果
バックテスト結果【Quant Analyzer】
EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果
EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果
EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果
EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果 EA_final_max_Revolutionのバックテスト結果

EA_final_max_Revolutionの総評

0プロフィット
(%)
0勝率
0ペイオフレシオ
0プロフィット
ファクター
0ドローダウン率

注意

  1. バックテスト期間の2007年1月1日~2017年12月31日を対象。
  2. 最も厳しい結果が出たスプレッドのバックテスト結果を採用。(スプレッド30)
  3. 初期金額は1万ドル、ロットは0.1。
  4. その他パラメーターはデフォルト値。
  5. バックテストに膨大な時間がかかるため、モデルは始値のみを採用。
EA_final_max_Revolution (EAファイナルマックスレボリューション)のバックテスト結果を見てみると、どのスプレッドでも似たような結果となっているため、国内・海外問わず動かせるEAと言えるかもしれません。

また、スプレッドが広がりがちな早朝でも問題なさそうです。

ただ、ストップはかなり深めに置かれますので、リスクを考えたロット設定が必要になるでしょう。

また、バックテストは過去10年を対象にしていますが、取引回数は1000回に達していません。

それゆえ、バックテストの信頼性については疑問です。

ただし、当ブログ「FXメシウマEA実践検証」管理人のメシウマは2018年8月からEA_final_max_Revolution (EAファイナルマックスレボリューション)を動かしており、バックテスト通り無敗です。

取引回数は2018年8月から同12月11日までで25回、獲得pipsは248.4pipsとなっています。

運用するなら、たまに来る大きなドローダウンに耐えうるロットにすることがポイントかもしれませんね。

また、海外口座でレバレッジをかけ、一獲千金を狙うのも面白いかもしれません。

EA_final_max_Revolutionのリアルフォワードを検証中。定期的に更新しています。
EA_final_max_Revolutionの詳細をゴゴジャンでチェックしよう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

EA戦績

More

キャッシュバック実績

More

バックテスト&リアルフォワード検証

運用中EAのバックテストとリアルフォワードは一致しているのか?

随時更新中

運用中EA

メシウマが運用しているEA一覧をチェック

トレードでキャッシュバック

取引ごとのキャッシュバックでスプレッド実質縮小

MT4提供ブローカー

MT4を提供している国内・海外ブローカーを比較しよう