EA実践検証

EA実践検証

【Pips_miner_EA評価】ユーザー1000人以上の大人気スキャルピングEA

Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)は、ポンドドルの15分足で稼働するスキャルピングタイプのEAです。

「pipsを掘る」というイメージで誕生したEAであり、その名の通りトレード頻度が非常に多く、スリリングな自動売買を楽しめるEAと言えるかもしれません。

スキャルピング系EAということもあり、比較的大きめのドローダウンがあるようですが、ねこ博士のEAはその後すぐに取り返すのが特徴です。

実際にフォワードでもドローダウンがあり、その後取り戻していますので、トレード頻度を求める方に向いているEAと言えるでしょう。

また、タリタリなどのキャッシュバックサイトを通していれば、キャッシュバック金額も期待できそうです。

0プロフィット
(%)
0勝率
0ペイオフレシオ
0プロフィット
ファクター
0ドローダウン率

注意

上記はゴゴジャンのEA販売ページにアップされているバックテストの結果を表示しています。
期間は2005.01.11 03:30 – 2018.06.27 23:45です。

Pips_miner_EA 概要

通貨ペア GBP/USD
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 3その他: ※10以下で任意に設定可能です
運用タイプ 複数枚運用
最大ロット数 10その他: ※任意に設定可能です
使用時間足 M15
最大ストップロス 80
テイクプロフィット 8
両建て なし
その他ファイルの使用 なし
特記事項

ゴゴジャンより抜粋

では、Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)の特徴をさっそく見ていきましょう。

高頻度&安定収益型EA

Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)は、高頻度&安定収益型のEA、つまり、トレード回数が多く、安定して利益をあげることを目的としたEAです。

デイトレードやスイング系EAは取引頻度が少ないため、待ち時間がどうしても長くなってしまいます。

Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)を加えれば待ち時間が少なくなりますし、もちろんフォワードも右肩上がりですので、デイトレードやスイング系EAが多いポートフォリオに入れていきたいEAと言えるでしょう。

boost値でトレード頻度を変更できる

Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)には、boost値という機能が搭載されています。

このboost値を変更することでトレード頻度をさらに増やすこともできますので、より積極的なトレードを期待するなら変更すると良いでしょう。

ただし、その分リスクも高くなることを認識したうえでboost値を変更したほうが良いかもしれませんね。

保有時間が短い

Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)は、保有時間が平均4~5時間程度です。

つまり、証拠金を圧迫する時間が短いので、他のEAにロットを振り分けることもできるでしょう。

ちなみに、Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)は主に日本時間午前5時から10時あたりにエントリーすることが多いようです。

 

その他にもたくさんの特徴がありますので、販売ページで今すぐチェックしてください(^o^)

Pips_miner_EAのバックテスト

注意

  1. デューカスコピーのヒストリカルデータを使用。
  2. MT4はTitanFXのデモ口座を使用。
  3. バックテスト期間は2007年1月1日~2017年12月31日の10年間。
  4. スプレッドは2、5、10、30でそれぞれバックテスト。
  5. 初期金額は1万ドル、ロットは0.1。
  6. その他パラメーターはデフォルト値。
バックテスト結果【MT4】
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果

注意

スプレッド値30については、「スプレッドが広すぎる」ということでバックテストできませんでした。
以下、MT4に表示されたメッセージです。

Pips_Miner_EA_v6_426833D4 GBPUSD,M15: Testing_Spread is too big. Please check the SpreadLimit and Testing spread

Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果

バックテスト結果【Quant Analyzer】
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)のバックテスト結果

注意

スプレッド値30については、「スプレッドが広すぎる」ということでバックテストできませんでした。
以下、MT4に表示されたメッセージです。

Pips_Miner_EA_v6_426833D4 GBPUSD,M15: Testing_Spread is too big. Please check the SpreadLimit and Testing spread

Pips_miner_EAの総評

0プロフィット
(%)
0勝率
0ペイオフレシオ
0プロフィット
ファクター
0ドローダウン率

注意

  1. バックテスト期間の2007年1月1日~2017年12月31日を対象。
  2. 最も厳しい結果が出たスプレッドのバックテスト結果を採用。(スプレッド10)
  3. 初期金額は1万ドル、ロットは0.1。
  4. その他パラメーターはデフォルト値。
Pips_miner_EA(ピプスマイナーEA)は、スプレッドに大きな影響を受けるEAと言えそうです。

スプレッド2もしくは5では利益が出ていますが、スプレッド10になると赤字の結果となりましたので、スプレッドが狭い、かつスプレッドが開きにくいブローカーで運用することがポイントとなるかもしれません。

ただし、ゴゴジャンの販売ページに記載されているフォワードは、ドローダウンはあるものの、その後徐々に取り戻し、右肩上がりとなっています。

ちなみに、メシウマは2018年5月15日からPips_miner_EA(ピプスマイナーEA)を複利で動かしていますが、何度が大きなドローダウンに見舞われたものの、2018年10月29日時点ではかろうじて黒字です^^;

利確は微益ですが、取引はほぼ毎日ありますので、TariTali(タリタリ)キャッシュバックを利用することをおすすめします(*^^*)

Pips_miner_EAのリアルフォワードを検証中。定期的に更新しています。
Pips_miner_EAの詳細をゴゴジャンでチェックしよう。

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。公式のバックテストとグラフ形状が全く異なるのが気になるのですが公式のスプレッド1.5を超えると、こちらのバックテストのようになるということでしょうか。

    • コメントありがとうございます!
      バックテストする環境(ブローカーやヒストリカルデータ)にもよりますが、スキャルピングタイプのEAはスプレッドの影響を受けがちですよね(T_T)

      正直、このEAを使う場合、スプレッドが狭い国内業者が良いかなと思います。

      このEAだけでなく、同じスキャルピングタイプのスキャルピングドラゴンなども、スプレッドを広めにとってバックテストすると悪い結果になります。

      ただ、スプレッドを広げすぎてバックテストするのも現実とかけ離れてしまいますので、難しいところです。

      TDSを使ってバックテストすれば、より現実的な結果を得られるかもしれません。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

EA戦績

More

キャッシュバック実績

More

バックテスト&リアルフォワード検証

運用中EAのバックテストとリアルフォワードは一致しているのか?

随時更新中

運用中EA

メシウマが運用しているEA一覧をチェック

トレードでキャッシュバック

取引ごとのキャッシュバックでスプレッド実質縮小

MT4提供ブローカー

MT4を提供している国内・海外ブローカーを比較しよう