EA実践検証

EA実践検証

海外FXのスプレッドは広い?狭い?

海外FXのスプレッドは広い?狭い?

海外FXのスプレッドは、結論から先に言うと、国内FXより広いです。

スプレッドが広いほど、ポジションを持った直後に抱える損失が大きいことを意味しますので、FXにおいてはスプレッドが広い業者を選ぶことも大切でしょう。

つまり、スプレッドだけを考えるのであれば、狭いスプレッドを実現している国内FXのほうに分があると言えるかもしれません。

では、なぜ海外FXのスプレッドは日本国内FXより広く設定されているのでしょうか?

その理由を以下で見ていきたいと思います。

注意

ここではSTP口座について説明しています。

海外FXのスプレッドが広い理由は?

海外FXのスプレッドが広い理由は?

海外FXのスプレッドが広い理由は、手数料がスプレッドに上乗せされているためです。

海外FXはNDD方式と呼ばれる取引方式を取り入れています。

NDD方式の場合、FX業者は投資家とインターバンク市場との仲介役を担い、投資家の注文をインターバンク市場にそのまま流して処理するため、投資家が勝とうが負けようが大きな問題はありません。

なぜなら、取引手数料で収益を得ているからです。

つまり、顧客が取引するほど手数料が発生しますので、NDD方式を採用しているFX業者側の利益も増えるというわけですね。

海外FXでは、取引手数料を無料にする代わりに、その手数料をスプレッドに上乗せしているため、国内FXと比較するとスプレッドが広くなっています。

ただし、海外FXのECN口座はスプレッドが国内FXに遜色ないほど狭いのですが、手数料は別途発生しますので、ご注意ください。

STP口座とECN口座についてはこちらのページにまとめています。

まとめ

国内FXにはスプレッドが狭いという魅力がありますが、注文がすべりやすく、また不利な約定を強いられることもあります。

一方、海外FXはスプレッドこそ広いものの、NDD取引により注文がすべりにくく、不利な約定を強いられることもほとんどありませんので、より安定したFXトレードにつながるのではないでしょうか。

海外FXのメリットとデメリットを知りたい方は、以下のページを参考にしていただければと思います。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

EA戦績

More

キャッシュバック実績

More

バックテスト&リアルフォワード検証

運用中EAのバックテストとリアルフォワードは一致しているのか?

随時更新中

運用中EA

メシウマが運用しているEA一覧をチェック

トレードでキャッシュバック

取引ごとのキャッシュバックでスプレッド実質縮小

MT4提供ブローカー

MT4を提供している国内・海外ブローカーを比較しよう