EA実践検証

EA実践検証

TariTaliとRoyalCashBackの比較

TariTaliとFinalCashBackの比較

キャッシュバックサイトを通して海外FXの口座を開設すれば、取引のたびに一定額のキャッシュバックを得ることができる。

海外FX業者のスプレッドは国内FX業者と比較して広めであるが、キャッシュバックサイトを通せば実質的にスプレッド縮小となり、トレードをより有利に進めていくことができるだろう。

とはいえ、どのキャッシュバックサイトを通して海外FX口座を開設するかということも重要だ。

当サイト「FXメシウマEA実践検証」管理人のメシウマは、キャッシュバック率の高さや出金条件の良さなどを踏まえ、TariTali(タリタリ)を通して海外FX口座を開設している。

だが、TariTali(タリタリ) の他にもいろいろなキャッシュバックサイトがあるのを知っておくべきだろう。

ここでは大手キャッシュバックサイトのひとつであるRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)とTariTali(タリタリ)を比較してみたい。

RoyalCashBackとTariTali比較【実質キャッシュバック額】

RoyalCashBackとTariTali比較【実質キャッシュバック額】

注意!

  • 下記キャッシュバック額は取引1ロットあたりの金額
  • ドル円レート120円で計算
RoyalCashBackTariTali
XMトレーディング 【スタンダード口座】800円
【ZERO口座】0円
【スタンダード口座】960円
【ZERO口座】400円
TitanFX 【スタンダード口座】400円
【ブレード口座】0円
【スタンダード口座】400円
【ブレード口座】120円
Tradeview 【MT4 X Leverage口座】960円
【ILC口座】240円
【MT4 X Leverage口座】960円
【ILC口座】240円
AXIORY 【スタンダード口座】400円
【ナノスプレッド口座】160円
【cTraderスタンダード口座】200円
【cTraderナノスプレッド口座】80円
【MultiTraderナノスプレッド口座】800円
【スタンダード口座】480円
【ナノスプレッド口座】192円
【cTraderスタンダード口座】240円
【cTraderナノスプレッド口座】96円
【MultiTraderナノスプレッド口座】960円
HotForex 【プレミアム口座】0円
【ZERO口座】0円
【プレミアム口座】680円
【ZERO口座】255円
TTCM/TradersTrust 【低スプレッド口座】480円
【スタンダード口座】960円
【ECN口座】96円
【低スプレッド口座】480円
【スタンダード口座】960円
【ECN口座】96円
FxPro 【MT4メジャー通貨ペア】400円
【MT4マイナー通貨ペア】400円
【MT4メジャー通貨ペア】800円
【MT4マイナー通貨ペア】800~8000円
MyFXMarkets 【スタンダード口座】300円 【スタンダード口座】480円
BigBoss 【ノーマル口座】320円 【ノーマル口座】320円

各海外FX業者の口座を比較すると、実質キャッシュバック額はTariTaliに軍配が上がると言って良いだろう。

TitanFXのスタンダード口座、Tradeview、TTCM/TradersTrust、BigBossの実質キャッシュバック率についてはRoyalCashBackとTariTaliに違いはない。

ただ、下記に記載する出金条件などを比較すると、TariTaliのほうが好条件で利用できる

したがって、RoyalCashBackとTariTaliどちらを選ぶが迷っているなら、TariTaliで間違いないだろう。

RoyalCashBackとTariTali比較【出金条件】

RoyalCashBackとTariTali比較【出金条件】

キャッシュバックサイトを比較する際には、キャッシュバック額だけでなく、出金条件についても比較したいところだ。

以下、RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)とTariTali(タリタリ)の出金条件を比較してみたので、キャッシュバックサイト選びの参考にしていただきたい。

RoyalCashBackTariTali
出金手数料 国内銀行送金:無料 国内銀行送金:無料
bitwallet:無料
SticPay:無料
海外銀行送金:ユーザー負担(手数料は各銀行による)
最低出金額 国内銀行送金:5000円 国内銀行送金:1500円
bitwallet:1500円
SticPay:1500円
海外銀行送金:20000円
出金可能時間 キャッシュバック発生月の翌月20日以降 取引後1週間以内から

出金手数料を比較すると、FinalCashBackとTariTaliどちらも無料だ。

ただし、出金方法はTariTaliのほうが豊富であるうえ、キャッシュバック発生時から出金できるまでの期間もTariTaliのほうが短いため、TariTaliに軍配が上がるだろう。

RoyalCashBackとTariTali比較【対応海外FX業者】

RoyalCashBackとTariTali比較【対応海外FX業者】

RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)とTariTali(タリタリ)が取り扱っている海外FX業者には違いがある。

以下、それぞれが取り扱っている海外FX業者を紹介したい。

共通
XMトレーディング
TitanFX
Tradeview
AXIORY
HotForex
TTCM/TradersTrust
FxPro
MyFxMarkets
Bigboss
RoyalCashBackTariTali
LandFX
TradersTrust
iFCMarkets
FXPRIMUS
FXCC
Pepperstone
AXITRADER
ThinkForex

TariTaliが取り扱っている海外FX業者は、RoyalCashBackも取り扱っている。

取り扱っている海外FX業者の数は圧倒的にRoyalCashBackのほうが多い。

もし使いたい海外FX業者がTariTaliにないのであれば、RoyalCashBackを通して口座を開設するのも良いだろう。

RoyalCashBackとTariTali比較【総評】

ほとんどの項目において、RoyalCashBackよりTariTaliのほうが圧倒的に有利だ。

RoyalCashBackとTariTaliどちらも取り扱っている海外FX業者であれば、出金方法と出金条件面が有利なTariTaliを通したほうが良いだろう。

また、キャッシュバック率や出金方法などを比較しても、やはりTariTaliが取り扱っている海外FX口座の開設がおすすめだ。

ちなみに、当ブログ「FXメシウマ実践検証」管理人のメシウマは、TariTaliを通してTitanFXのブレード口座を開設している。

タリタリのキャッシュバック

TariTali(タリタリ)を通して口座を開設すれば、取引のたびにキャッシュバック!

TariTali(タリタリ)のリベート率はキャッシュバックサイト業界最高クラス。

すでに口座を開設していたり、他のキャッシュバックサイトを利用していても、TariTali(タリタリ)に乗り換え可能だ

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

EA戦績

More

キャッシュバック実績

More

バックテスト&リアルフォワード検証

運用中EAのバックテストとリアルフォワードは一致しているのか?

随時更新中

運用中EA

メシウマが運用しているEA一覧をチェック

トレードでキャッシュバック

取引ごとのキャッシュバックでスプレッド実質縮小

MT4提供ブローカー

MT4を提供している国内・海外ブローカーを比較しよう