EA実践検証

EA実践検証

海外FXと納税額

海外FXと納税額

海外FXの納税額はどれくらいの金額になるのだろうか。

海外FXの納税額は、獲得した利益額によって異なる。

ただし、海外FXの税金は雑所得に分類されるため、国内FXと比較すると、海外FXの納税額が安くなることもあれば高くなることもあるだろう。

以下、海外FXと国内FXの税金の違いだ。

海外FX国内FX
分類雑所得申告分離課税
税率最大50%一律20%
損失繰越◯(3年まで)

上記に記載した通り、海外FXで得た利益は雑所得に分類される。

そのため、確定申告の際には海外FXで得た利益だけでなく、公的年金や仮想通貨取引で得た利益なども合計して申告しなければならない。

雑所得の金額に応じた納税額の税率は以下の通り。

収益税率
195万円以下15%
195万円超~330万円以下20%
330万円超~695万円以下30%
695万円超~900万円以下33%
900万円超~1,800万円以下43%
1,800万円超~50%

たとえば、1年間を通して海外FXで100万円の利益が出た場合、納税額は100万円の15%、15万円となる。

国内FXは申告分離課税であり、税率は一律20%であるため、海外FXで100万円の利益が出た際の納税額は20万円。

つまり、利益が195万円までならば、国内FXより海外FXを利用したほうが納税額が有利となる。

ただし、海外FXで得た利益は雑所得に分類されることを忘れてはならない。

雑所得には海外FXで得た利益だけでなく、公的年金や仮想通貨取引で得た利益なども含まれるため、海外FXを利用するのであれば、他にどのような収入が発生し得るかを考えておきたいところだ。

海外FXの税金については、以下のページで詳しく解説している。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

EA戦績

More

キャッシュバック実績

More

バックテスト&リアルフォワード検証

運用中EAのバックテストとリアルフォワードは一致しているのか?

随時更新中

運用中EA

メシウマが運用しているEA一覧をチェック

トレードでキャッシュバック

取引ごとのキャッシュバックでスプレッド実質縮小

MT4提供ブローカー

MT4を提供している国内・海外ブローカーを比較しよう